お化粧でシミを消すコツについて

年齢を重ねると、顔の頬やこめかみなどにできるシミに悩まされる女性は増加していきます。
そこで、シミをきれいに隠すためにコンシーラを使う人も多いですが、厚塗りになってメイクが崩れたり、不自然になってしまいがちです。
また、その逆にカバー力が足りなくて、メイクをしてもいつの間にかシミが目立っていたというケースも起こりえます。
そこで、ここからはシミを上手に隠すお化粧方法を詳しく紹介していきます。

まず、お化粧でシミを上手に隠すコツは、クリームやリキッドタイプのファンデーションを化粧下地として顔に塗布することです。
クリームやリキッドタイプのファンデーションは、保湿剤が配合されているので肌によく伸びてしっかりカバーしてくれるからです。
それと、肌の乾燥も防いでくれるのでシミ予防にもなります。

ファンデーションの塗り方は、まず頬から塗っていきます。
顔の中心から外側に向かって伸ばしてから、次に顎にも塗布していきます。
次に、額の中心から外側に向かって塗り広げてから、残ったファンデーションで目の周りや小鼻の脇にも伸ばします。
そして、最後に残ったファンデーションで鼻筋、首筋にも忘れずにも塗布します。

そして、ファンデーションでケアした後は、コンシーラーでシミの気になる部位を隠していきます。
やり方は、コンシーラーを適量、ブラシに取り、シミにのせていくだけです。
シミの大きさより少し大きめに塗っていくと、きれいにカバーすることができます。
塗布したら、コンシーラーの周りを指で丁寧にぼかしていきます。

コンシーラーを塗った後に、まだカバー力が足りないと感じたら、追加でファンデーションを気になる部分にのせていきます。
それで、指や筆を使って周りを自然にぼかします。
そして、最後にブラシあるいはパフでフェイスパウダーを顔全体にのせて完成です。
しっかり仕上げたいならパフ、ふんわりとした雰囲気に仕上げたいならブラシを使うといいです。

肌の色に合ったファンデーションはシミが目立たない

顔にできたシミをしっかり隠すためには、化粧下地としてファンデーションを使う事が非常に重要です。
ただファンデーションを選ぶ際は使い心地も大切ですが、しっかりとシミを隠すコツとしては肌の色に合った色を選ぶ必要があります。

ファンデーションを選ぶ際に、多くの女性はシミは暗い色をしているのでワントーン明るめの色をついつい選んでしまいがちです。
しかし、肌よりも明るいファンデーションはかえってシミを目立たせる要因となってしまいます。
というのも、明るければ明るいほどに、シミの暗い色味とのギャップが浮き彫りになるからです。
そして、首の色は暗いので、顔が白浮きしてしまうことになります。

シミを上手にカバーするためには、肌よりも暗めのトーンのファンデーションを試してみるといいです。
肌よりも暗い色を選ぶことでシミと地肌の差がなくなり、シミがかえって目立たなくなります。
また、首の色との違和感もなくなるので、自然な仕上がりになります。

ただ普段明るめのファンデーションを使っていると、いきなり暗めのものを購入するのは勇気が要るものです。
そうした場合は、化粧品カウンターで暗めのファンデーションを試しに顔全体へ塗ってみるといいです。
自分に合っているかどうか分かれば、購入するのを躊躇うことがなくなるからです。
自分の肌色に合った色味が分からないならば、店員に相談することをおすすめします。

ファンデーションやフェイスパウダーなどは、シミを隠す方法として有効なメイク道具といえます。
ただ肌の色とマッチしていない物を選ぶと、逆に不自然な印象を与えてしまうことになります。
なので、慎重に自分の肌と相性がいいものを選ぶことが大切です。