ルミガンでパッチリ目元を目指す!

目元の印象は顔の印象を大きく左右するものです。
目をパッチリとさせる方法として、メイクをするという方法もありますが、毎日目元のメイクをするのは時間が掛かりますし、まつ毛に負担がかかってしまいます。
そこで、まつ毛を太く長くするのに効果が期待できるのが、まつ毛育毛剤です。

まつ毛育毛剤にはいくつかの種類がありますが、特に効果が高いとして人気があるのが「ルミガン」です。
ルミガンの使用方法は1日1回、まつ毛の生え際に塗るだけと非常に簡単です。
この時に必要となるのが、専用のアプリケーターです。
ルミガン専用のアプリケーターは1回限りの使い切りですので、衛生的に使用することが出来ます。

せっかくルミガンを使用するのであれば、正しい方法で使用することが大切です。
まず、使用は洗顔後に行うようにしましょう。
汚れなどが付着している状態で使用してしまうと、効果を十分に得ることが出来ないばかりか痒みや赤みなどが出る可能性があります。

洗顔後は化粧水などのスキンケア用品を使用するという人もいるかもしれませんが、ルミガンを使用する前には何もつけない状態が好ましいでしょう。
そして、余分な液はそのままにせずに必ずふき取るようにしましょう。
肌に付着した状態のままが長く続くと色素沈着や痒みなどの原因になってしまいますし、育毛効果によって産毛が太く生えてきてしまう可能性もあります。

ルミガンを使用するタイミングとして、朝や昼はメイクをしなければならないという人も多いでしょうから、使用するのが難しい・大変という人も多いようです。
そこで、おすすめのタイミングは就寝前です。
就寝前に使用した場合、その後メイクをする機会はそれほど多くはないでしょうし、目をつむっている状態が長く続きます。
上のまつ毛の生え際に塗ることで、下のまつ毛にも有効成分が浸透し、上下両方のまつ毛の育毛効果を期待することが出来るます。
なお、使用する量はそれほど多くする必要はありません。

ルミガンの使用上における注意点

ルミガンを使用する時の注意点としては、副作用として、色素沈着が見られることがあるということです。
これは、使用する量が多かったり、適切な場所に使用しなかった時に見られることが多い副作用で、皮膚にルミガンが付いてしまった時には早めにふき取ることである程度は防ぐことが出来ます。

パッチリとした目元を手に入れたいからと言って、ルミガンの使用量を多くするのは逆効果です。
適切な量を使用するためには、専用のアプリケーターなどを使用するようにしましょう。
ただし、専用のアプリケーターを何度も使用してしまうと、細菌が繁殖してしまい、感染症を引き起こしてしまうなどのトラブルのリスクが高まります。
そのようなことを防ぐためにも、片目ずつ新しいアプリケーターを使用する事が大切です。

日常的にコンタクトレンズを使用しているという場合には、ルミガンを使用する前に必ずコンタクトレンズを外すようにしましょう。
ルミガンには品質を保つために防腐剤が含まれています。
この防腐剤には、コンタクトレンズを変色させてしまう可能性があるというリスクがあります。

目が悪い人の中には、コンタクトレンズを外してしまうとまつ毛の生え際がよく見えないという人もいるかも知れませんが、そのような場合には眼鏡を使用するなどの工夫が必要です
ルミガンを使用するという場合、妊娠中・授乳中は避けるようにしましょう。
直接的に体に悪影響が及ぶ可能性は少ないですが、妊娠・授乳中は女性ホルモンの分泌量が増える事が多く、肌が乾燥しがちです。
また、刺激にも弱いため、赤みや痒みなどの肌トラブルが多くなる恐れがあります。
副作用を防ぐという意味から、妊娠・授乳中の使用は避けたほうが無難でしょう。