紫外線対策でシミを出来にくくしましょう

年齢を重ねても美しい素肌を手に入れたいと思っている方は、日常的に行っているお肌のお手入れを一度見直すことや、外出先での紫外線対策をしっかり行ってみましょう。
紫外線によるダメージで起こるシミやそばかす、肌の乾燥などの肌トラブルを未然に防ぐことが出来るようになります。
そもそも肌にシミが出来てしまう原因の一つが、加齢に伴う肌の古い角質がきちんと排出されていないターンオーバー不足が挙げられます。
また、紫外線によって肌内部の角質層がダメージを受け、メラニンと呼ばれる色素が生成されてしまうことが原因だと言われています。

紫外線は夏場に多いとイメージしている方も多いのですが、実は1年中紫外線によるダメージは肌に蓄積されており、普段から外出をする際には必ず日焼け止めや帽子の着用、UVカット機能のあるストールやカーディガンなどを使用することによって、紫外線から受ける直接的なダメージを防ぐことが重要になるのです。
シミを予防する方法として日焼け止めを第一に挙げる方は多いですが、実は紫外線のダメージは皮膚だけではなく瞳からも入り込む特徴があります。
そのため体内外に紫外線が入り込むことによって体の内側からメラニン色素が生成されてしまい、年齢と共にシミとなって肌表面に出てきてしまうのです。

体内外の紫外線対策としては、UVカット機能のあるサングラスを着用することや、帽子や日傘を利用することも効果的になりますし、外出をする時間に合わせて日焼け止めもSPFなどを確認して利用していくことが重要になります。
特に長時間外でスポーツを行う習慣がある方などは、日焼け止めを利用しても汗で流れてしまう恐れがあります。
激しい運動を行っても汗で流れにくいウォータープルーフタイプの日焼け止めを利用することや、SPF50など数値の高いタイプを選んで使用することにより、肌を紫外線から保護することが出来るようになります。
また自宅でのフェイシャルケアではメラニン生成を防ぐ美白成分の配合された化粧品がおすすめです。

紫外線が多くあたる予定の前日は肌パックが最適

紫外線による肌ダメージというと、日焼けやシミ、そばかすなどのメラニントラブルをイメージする女性が大半です。
実は日焼けをしているということは、肌が軽い火傷状態になっているため肌の表面が炎症を起こして潤いが不足し乾燥しやすくなる特徴があります。
そのため翌日に長時間屋外にいる予定がある場合は、紫外線による肌ダメージから肌を守るためにも前日ケアとして念入りに保湿パックを行うことをおすすめします。

保湿パックはドラッグストアで個別やパックで販売されており、販売メーカーによって保湿パックに含まれている美容成分が異なります。
保湿成分や美白成分がたっぷり含まれている成分を洗顔後じっくり肌内部に浸透させることで、肌のコンディションを整える効果を与えることができます。
特に美白成分が含まれている美容液がたっぷり利用されているフェイシャルパックを前日に利用すると、肌内部に美白成分が浸透するので紫外線によって肌がダメージを受けても、メラニン色素が生成されるのを抑えることができます。

もちろん肌を保護するために日焼け止めは二時間に一度は塗り直しを行うことは基本で、さらに帽子と日傘、UVカット機能のあるカーディガンやストールを活用して体を保護するようにしましょう。
夏場はどうしても厚地の物を着用すると暑くなってしまうので、通気性の高いサラッとした触り心地の素材を利用したUVカットアイテムを身につけることが重要です。
念入りに紫外線対策を行っていても、完全に紫外線から肌を守ることは難しいので自宅に帰ったら、紫外線で負担がかかっている肌のアフターケアとして、美白成分が含まれる化粧水や美容液で念入りに保湿ケアを行うようにしましょう。